スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 



Tag List  


 

【自作PC】 HEPA付きケースSST-MM01B 4月発売とのこと


本当に発売する見たいですね。マンモス。

2012にプロトタイプを日本で公開しましたが
おおよそそのままの仕様で発売される模様。

 ↓↓↓

Project C208【マンモス】SilverStone 

http://hiderocket7.blog.fc2.com/blog-entry-334.html

正直一般家庭でHEPAなんて完全にオーバースペックも良いところですが

"防塵防滴"を謳うケースってのは強烈な訴求力があるし良いと思う。
ちょっと欲しいです(笑

SST-MM01B 予価¥49.000

2015y03m07d_185124766.jpg

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150304_691233.html
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/20150304_691288.html


2015y03m07d_191007115.jpg


スリーサイズ

■FT04
219mm(W) x 546mm(H) x 482mm(D)

■RAVEN3
235mm(W) x 522mm(H) x 570mm(D)

■MM01
271mm(W) x 542mm(H) x 597mm(D)


ベースとなっているFT04から比べると
防水対策用のフロント/リアパネルカバー分で奥行きが長くなっていますね。

気になるのは幅が52mmも太くなってること...
基本構造は変わってないので、HEPAフィルターの都合か防水構造にする為の都合ですかね。

いや太くなっても良いんですけどそれならシャドーベイを横挿しにして欲しかった。


HEPAフィルターの件

冒頭でオーバースペックと言いましたが
HEPAフィルターって洗えないんで、あるレベル汚れたら交換するしかないんですが
アフターパーツで用意してくれるのか気になるところ。

あと展開図をみるといきなりHEPAですがこれだとあっというまに汚れちゃうでしょ
ってのが凄く気になったのでManual確認したところ....
2015y03m07d_195743319.jpg2015y03m07d_194911293.jpg

この図と説明からはフロントパネルにプレフィルターあると取れますが
ここは確認しないと購入に踏み切れないですね。

あとフィルタを買えるような文言が書いてありますがリンクに飛ぶと
代理店、販売店のページに行くだけで、HEPAがアフターパーツで用意されるかは代理店次第ともとれますね。
もし代理店の判断に委ねられるならこのケースでしか使えず
なおかつそんなに数が出るとは思えないケースの消耗品を潤沢に用意されるか疑問が残る。

ただ気になるところはあるにしても
こいう個性的で他にはないケースは大好きなんで発売されたら秋葉に見に行きたい。







 



Tag List    

   SilverStone          マンモス    



20150318 追記

防塵/防滴仕様のSilverStone製ケース「SST-MM01B」ギャラリー

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/wakiba/find/20150312_692525.html

交換用HEPAフィルター¥2680で販売されるとのことで一安心。
ただ数年後に在庫あるかは微妙なんで、ケース買うときに一緒に買ったほうが良いと思われる。

もし私が買うなら10年使うと想定して交換用HEPA3枚くらい欲しいな-
標準と合わせて4枚。10年で4枚なら1枚あたり2.5年。

一般家庭の環境で2.5年もHEPA機能が持つとは思えないけど
コストとの兼ね合いでこのあたりが落としどころかな。

ま、HEPAとして機能が低下しても使えない訳じゃないしね。

早く実物を確認したいです☆

Hide




関連記事
スポンサーサイト
 

テーマ : PCパーツ
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

PC用にHEPAが登場ですかぁ!?

HEPAは基本的に交換保守が必要不可欠なアイテムですから
仰るとおり交換オプションが併売されるかは大変重要ですね!

フロントファンAP182は最高回転数2000rpm、最大静圧約60Pa。
メーカーサイトでも「最高速度は200rpm減少する」旨が記載されているあたり、
やはり空気抵抗の大きさは覚悟が必要でしょうね。

最高回転数が落ちるほどの空気抵抗を背負わせると
風量静圧特性はかなり静圧側に倒れるでしょうから、
実風量は最大回転時340CFMの1/3以下でしょうか...
計算上では1kWクラスを組むのは難しいかもしれません。

それにしても、こういった特殊アイテムを製品化しようとする
Silverstoneの心意気は、相変わらずすばらしいですね!!

Re: No title


スズメさん

空気抵抗が落ちるということは
きちんとしたHEPAが使用され、尚且つ正圧も保たれている証拠と思いますので
そういった面ではある意味安心かもしれませんね。

本当にこのスペックが必要な環境の人は果たしているのかな?
という疑問はぬぐえませんが(笑

クリーンルームで使うにしても
CRならそもそも空調がHEPAですしねぇ...

しかし訴求力のある商品には仕上がっていると思います!
なんか欲しくなりますよね。HEPAついてるだけで。





> PC用にHEPAが登場ですかぁ!?
>
> HEPAは基本的に交換保守が必要不可欠なアイテムですから
> 仰るとおり交換オプションが併売されるかは大変重要ですね!
>
> フロントファンAP182は最高回転数2000rpm、最大静圧約60Pa。
> メーカーサイトでも「最高速度は200rpm減少する」旨が記載されているあたり、
> やはり空気抵抗の大きさは覚悟が必要でしょうね。
>
> 最高回転数が落ちるほどの空気抵抗を背負わせると
> 風量静圧特性はかなり静圧側に倒れるでしょうから、
> 実風量は最大回転時340CFMの1/3以下でしょうか...
> 計算上では1kWクラスを組むのは難しいかもしれません。
>
> それにしても、こういった特殊アイテムを製品化しようとする
> Silverstoneの心意気は、相変わらずすばらしいですね!!
Profile

Hide-Rocket

Author:Hide-Rocket
Nobody can steal our life away ...

Search
New Arrival and..
Favorite
Camera
Activity
Collaboration Works
My Works
Archive

Categories...

openclose

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Comments...A
<>+-
SilverStone Official
FractalDesign Official
Favorite
広告
QR code
QR
Amazon Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。