犬と癌と安楽死と


新年早々頂いたコメント放置しており失礼しました
うちのワンコが癌を患いちょっと精神的に落ちてました

20年間で5匹のワンコ飼って来ましたが初めての癌でした

安楽死には個人的に否定的見解を持っています
だって犬は死にたいなんて思ってないと思うし
(安楽死を選択する方を非難するつもりはありませんが)

そもそも人の手で命を左右するのがね...

ただ今回初めてその選択をした
全くもって偽善者である

あ、重ね重ね言いますが私自身の話であり
この選択をする人全てに向けてのものではないので

レントゲンなんか撮るまでもなく
日に日に癌が蝕んでくのがわかる

獣医さんは、もう出来ることはありませんと言った

気がつけばおっぱいは真っ黒
足も黒く浸食されパンパン

歩くこともままならなくなった
呼吸もなんだか息苦しそうだ



過去4匹のワンコは老衰で最後歩けなくなってもそのまま自然に見送ったけど


今回は出来なかった


苦しませずに...そんな自分(人間)勝手な綺麗事は言えない

終わらせたのは人間だ

自虐的になってるんではなく
ちゃんと向き合わないといけないと思って

この選択が正しかったのかも分からないけど
やっぱり私は安楽死なんて選択は取りたくないと強くおもった

もし怒ってたら、いつかそっちに行ったとき
好きなだけ散歩してあげよう




R.I.P.Anzu

Anzu.jpg




Hide



関連記事
スポンサーサイト
 



Tag List    

   Anzu    


 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Hide-Rocketさんこんにちは。とろっけんと申します。
以前は私のサイトにコメント頂きましてありがとうございました。

私がアイコン画像に使用しているワンコも亡くなる前に癌を患っていましたので、なんだかとっても気持ちがわかります…今月で丁度2年が経過したところですが、掲載されている写真を見てその時のことを不意に思い出してしまいました。
とても悩まれて決断されたんだなーと文面から感じ取れましたし、ワンコも十分に愛されていると感じていたと思います。本当にお疲れ様でした。

No title

すみません…個人的にとても大事な事を忘れていました。
うちのワンコの名前はアプリコットと言います…なので今回コメントせずにはいられませんでした。
いつかワンコのことを思い出した時に、良い思い出でいっぱいになるといいですね。
(*^_^*) それでは失礼いたします。

Re: No title


とろっけんさん

コメントありがとうございます。
本当にこの選択を後悔することがないようちゃんと
向き合っていきたいです。

アプリコットちゃんと天国でお友達になれていればと思います。

我が家にいた5匹をどれもこれも大食いで若干太めなので
きっと目立つと思います(笑







> すみません…個人的にとても大事な事を忘れていました。
> うちのワンコの名前はアプリコットと言います…なので今回コメントせずにはいられませんでした。
> いつかワンコのことを思い出した時に、良い思い出でいっぱいになるといいですね。
> (*^_^*) それでは失礼いたします。

No title

色んな形の愛が有ると思います。
愛の形に、良い悪いは無く。それぞれの愛が有ると思います。
自分も猫が二匹いるけど、最後まで遊んでめんどうみます。
元々は嫁のなんだけどね。

他に自分達も決して延命処置はしないと決めてます。
ホントに良い悪いって無いんだよな~。
全ての生き物に必ず死は訪れる事だし。
なんか纏まってないけど、今年も宜しくです♪

No title

難しい問題ですね...
でも、どちらにせよ相手のためを思って、考えて考えて出した結論であれば、どちらにせよ間違いというのはないような気がしますし、自分のためを思ってのことだということは伝わっていると思います。
苦しみから解放されて、あっちで元気に走り回っているかも。
「キミなんだか懐かしいニオイがするな」なんてこじろー君に言われてたりして。

Re: No title


bloomさん

そうですね。。
色々な形があって絶対的正解はないのかもしれません
でも私は安楽死は選択したくない

そう思いました。





> 色んな形の愛が有ると思います。
> 愛の形に、良い悪いは無く。それぞれの愛が有ると思います。
> 自分も猫が二匹いるけど、最後まで遊んでめんどうみます。
> 元々は嫁のなんだけどね。
>
> 他に自分達も決して延命処置はしないと決めてます。
> ホントに良い悪いって無いんだよな~。
> 全ての生き物に必ず死は訪れる事だし。
> なんか纏まってないけど、今年も宜しくです♪

Re: No title


りくパパさん

客観的な正解はないですよね。

私としては犬自身がどう思ったのか・・・
確認するすべはないけれど
犬自身の気持ちをいつか聞きたいです

私の人生が終わってからになりそうですが





> 難しい問題ですね...
> でも、どちらにせよ相手のためを思って、考えて考えて出した結論であれば、どちらにせよ間違いというのはないような気がしますし、自分のためを思ってのことだということは伝わっていると思います。
> 苦しみから解放されて、あっちで元気に走り回っているかも。
> 「キミなんだか懐かしいニオイがするな」なんてこじろー君に言われてたりして。
Profile

Hide-Rocket

Author:Hide-Rocket
Nobody can steal our life away ...

Search
New Arrival and..
Favorite
Camera
Activity
Collaboration Works
My Works
Archive

Categories...

openclose

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Comments...A
<>+-
SilverStone Official
FractalDesign Official
Favorite
広告
QR code
QR
Amazon Search