【氷瀑】 雲竜渓谷 【SEL1635Z】


雲竜渓谷を知って、これは行きたいと思い

珍しく行き当たりばったりでなく事前に計画、予約して挑みました。



率直にツアーは良かった

unryu-keikoku-2016-01

まずストック・アイゼンがツアー料金に含まれてるのは良かった。

今後使うなら買うのは全然構わないけど

ハイキング、登山は一生の趣味に出来そうだけど

どのレベルまで嵌るかは自分自身未知数なところ。


服装

unryu-keikoku-2016-05

スノボウェアに、普段ボードするときは着ない

フリースをインナーに追加して行きましたが

暑い!暑い!


もちろん今年の暖冬の影響もあるでしょうが

下手したらスキー、スノボより汗かきますね。

何れにしろ重ね着して脱いだり着たり出来るようにしていったほうがよいかと。




健脚向けと謳ってるツアーだったけど、自分的には丁度良く

極度の運動不足人にはキツイ行程でした。

道歩くだけでも結構な負荷。

川も渡るし思った以上にハードでした。

とは言っても普通の体力あれば大丈夫と思われますが。


氷瀑初体験

unryu-keikoku-2016-12

圧巻の光景でした。

ただツアーだと危険との理由で滝の裏には行かせてもらえなかったのと

今年の暖冬で例年の半分程度の規模とのこと。

それでも十分凄かったけど。



unryu-keikoku-2016-16

SEL1635Zは写りは良くって気に入っているんだけど

パースがついちゃうのが最近気になってきて24-70あたりが欲しくなってきました。


unryu-keikoku-2016-21

この写真は16mmなんですが、人がパースついて傾いちゃってますね。

傾くと違和感あるものは中央に配置すべきでした。




復路は晴れ間が

unryu-keikoku-2016-23

景色と青空のコントラストは映えますね。




unryu-keikoku-2016-24


雄大な自然を満喫できました。

unryu-keikoku-2016-30


楽しかった♪

来年もまた行こう☆










にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ










 



Tag List    

   sony          ILCE-7M2          SEL1635Z          氷瀑          日光          雲竜渓谷          雪          ハイキング    


スポンサーサイト
 

【caravan】 宝登山と登山靴 【C1_02S】


2月にどうしても撮影しておきたいポイントが出来た。

しかし目的地到達には軽アイゼンが必要だ。


アイゼンは買うにしてもレンタルするにしても今までハイキングシューズで
山に挑んでた私はシューズがない。

入門用で構わないので登山靴を買う機会がきた。


C1_02S / CARAVAN

hodosan-2016-01.jpg

ポイント込みで¥11000なり。

思ったより軽いしフィット感も悪くない。
正直ハイキングスニーカーなんか買わないでいきなりこれで良かったと思う。

そして

アイゼンハイキング行く前に精神的にもシューズ的にも
雪道に慣らしておきたかったので前哨戦へと挑む。


宝登山に挑む

http://www.hikingmap.jp/hikingmap/hodosan01.html

hodosan.jpg

降雪残雪情報は得ていたので調度良かった。近いし。


雪道はアイゼン

hodosan-2016-00.jpg

ハイキングルート積雪ありはリサーチ済みだけど
思った以上の積雪で正直舐めてた。

この積雪だと登山靴でも難しいということは早々に察知した。
滑る滑る滑る滑る。

しかし軽アイゼンすら当然持ってない。
そこに向けての前哨戦なんだし。


is-fit(イズフィット) アイススパイク L

hodosan-2016-11.jpg

山がどうのこうのでなく、家に降雪があった時の長靴滑り止め用に用意してたが、、、
この簡易スパイクは相当使えた。

山レベル、登山レベルで使うものではないけど(山レベルだとズレまくる)
今回急遽登場させた割りには全然使えた。

滑って滑ってどうしようもなかったのが

is-fit(イズフィット) アイススパイク L 装着したらさくさく進んだ。 



履く前はこんな感じ

hodosan-2016-10.jpg

紐やラチェット じゃないのが逆にいい。
着ける的にも保管する的にもエマージェンシー用途だし。







蝋梅園

hodosan-2016-12.jpg

蝋梅の香りは凄く新鮮。
初めて嗅いだけどどこか懐かしく優しい香りで香り楽しむも良し☆



hodosan-2016-13.jpg

個人的にボードがハイシーズン入ったので絶頂期な感じだけど
自然的には春の足音が聞こえてきた今日この頃。





宝登山神社

hodosan-2016-14.jpg

無事下山できたことを感謝。
縁結びが有名なのだろうか。。



hodosan-2016-15.jpg


宝登山ハイキング...
今回積雪あり蝋梅開花ありでしたが

積雪なし蝋梅も咲いてない時期だと面白くないかも
と感じた宝登山ハイキングでした。


【ルート】 野上駅→宝登山長瀞

hodosann-root.jpg



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ










 



Tag List    

   sony          ILCE-7M2          SEL1635Z          ハイキング          長瀞          宝登山    


 

地獄谷野猿公苑 【SEL70200G】


今年は申年です。

猿、、そういや一度見てみたい猿がいたのを思い出したのである。


地獄谷野猿公苑

snowmonky-05

駐車場から徒歩20分ほどあり
道中、雪道で踏み固められてるのでそれなりの服と靴が推奨です。
女の人はヒールはNGですね。

施設に囲われ、飼われているのではなく
温泉をひいた谷に餌付けして、猿の行動圏としてるので
動物園感覚とは一線を画します。

野生の猿の行動圏に人間が入っていくカタチなので、触ろうと思えば触れる状況ですが
触ってはいけません。ペットではない。

ただ猿のほうから興味本位で触る事もあるのでご注意。
というか私、リュックに乗ってこられました(笑



温泉に入る猿

snowmonky-01

何よりもこれが見たかった。

猿も湯船は気持ちいいんですね~
何でも風呂好きというよりも寒さを凌ぐためで、日光浴のほうが好むみたいです。

猿は汗かかないから湯冷めもしないとのこと。




snowmonky-02

今回、このチビ猿ちゃん達が本当に役者で。
極めて撮れ高がよかったです(笑






チビ猿ちゃん、チューしてくれました

snowmonky-03

ベストショットです☆
今までなら慌ててピンボケかましてましたが

バッチリ残せました♪


いやー可愛かったー☆


また行きます。
降雪の時狙いたいですね。






にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ








 



Tag List    

   ILCE-7M2          sony          SEL70200G          snowmonkys          地獄谷野猿公苑    


 
Profile

Hide-Rocket

Author:Hide-Rocket
Nobody can steal our life away ...

Search
New Arrival and..
Favorite
Camera
Activity
Collaboration Works
My Works
Archive

Categories...

openclose

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Comments...A
<>+-
SilverStone Official
FractalDesign Official
Favorite
広告
QR code
QR
Amazon Search