FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 



Tag List  


 

SEL85F18 作例


前回のBlogでSEL85F18 [FE 85mm F1.8] を手放すことにしたと言いましたが

その前に昼間使ってみようと思ったのでちょうどシーズンとなった

彼岸花を撮影してきました。 まずはボディα7RIIIです。


やっぱりこの焦点距離は好きだった、85mm

DSC01674

もともと写真にはまったのが

PENTAXのDA★55mm F1.4 SDM を使い始めたのがきっかけだったので

やっぱり85mmあたりの画角は大好きだなと再認識しました。


DSC01673



ここからはα6500ですので換算127mmとなります。



嘘だろこれってくらいの描写だった

DSC03086

SONY EマウントはAPS-Cのラインナップが弱いと言われてますが

FEレンズ(フルサイズ)をAPS-Cボディに使っても決して役不足なんかじゃないと思う。


DSC03088

画角も好きだし、写りもいい。それでいて軽い(371g)。

AFは爆速とは行かないまでも必要十分。


DSC03098_1


DSC03125_2


うん。 やっぱり売らずに持ってよう。


。。。。。という結論にいたりました。





にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



  



Tag List    

   sony          α6500          α7RIII          SEL85F18    


スポンサーサイト
 

SEL85F18 レビュー


最初に、結論として私はSEL85F18は手放すことにしました。

使うことはほとんどないなという結論に至ったので。

しかしその決断にいたったのは、私がメインに撮影する被写体

そして所有するレンズも含めて総合的に判断したもので

純粋にSEL85F18を評価するなら

大変コスパに優れるレンズで悩んでいるなら買って損はないレンズと言えます。

以下、私がSEL85F18を必要ないと判断した備忘録になります。


2018年のホタル撮影に備えて買ったEマウント純正85mmF1.8

SEL85F18-03.jpg


大口径のカッコいいレンズです。AFは爆速とはいえないが必要十分。

瞳AFに割り当てることの多いであろうファンクションボタンがあるのは○。

値段に大して質感はまぁまぁかな。 コストダウンであろう印字がプリントなのは×だけど

コスパ重視の立ち居地的にその判断は◎


SEL85F18-06.jpg



ホタルに使うレンズとしてはかなり気になる口径食

2018-torii

冒頭に断りをいれた"被写体"の話になります。

85mmといえばポートレート御用達でしょうが、私の一番の目的はです。

上の写真はα7RIIIにSEL85F18にて撮影しましたが

APS-Cを超えた辺りから急激にレモン型となる口径食はちょっと、、

気になる、、というか積極的に使いたくはない感じのレモン。



気になるレモン型口径食も撮り方次第では気にならない

20180525-SEL85F18-a6500

撮り方次第では気になりませんが

この写真はα6500なので上記で気になったレモン口径食は画角の外となります。

言い換えるとAPS-Cオンリーのユーザーにはいいかもしれません。



DA★55mm F1.4 と D FA 100mm macro を超える魅力は 見出せなかった

私は基本的にPENTAXのこの2つのレンズをα7RIIIとα6500につけてホタル撮影しています。

しかし2018ホタルシーズンを終えて


55mm F1.4と100mm macro F2.8を差し置いて、85mm F1.8を選択するシチュエーションがない。



この結論に至りました。



DA★55m F1.4の煌びやかさは出ない

Fantasic World

55mm F1.4は時として本当にキラキラした写真を出してくれて

自分が上手くなったのかと錯覚するほど煌びやかな写真が出てきます。


別世界へ誘う100mm Macro

20170521-030006-k

ホタルの現場において一台は絶対にマクロレンズを用意すべきが私の持論です。

圧倒的に別世界がそこにはあります。



運用面の話

とは言ってもホタルにおいて55mmと100mmってのは結構画角が違います。

その観点で85mmは有用ではないかとも思ったのですが

★55mmをボタン一つで83mm F1.4に出来るんですよ。α7RIIIなら。

その観点でいくと85mmはAPS-Cで127mmに出来るんですが

個人的にはホタル写真は100mm超えると極端に使いずらいと感じます。


結論として55m F1.4と100mm Macroを差し置いて使うシチュエーションが考えられない

この結論にいたりました。。

悪いレンズじゃないんだけどな。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



 



Tag List    

   sony          蛍          ホタル          100mmMacro          DA★55mm    


 

α7IIとSEL2470GMが返ってきた話。ありがとうSONY



ぶっ壊れたα7IIが驚異の早さで直ってきました。

まるで秩父夜祭で使ってよ!と言うかのごとく。


11月24日 木曜 三脚ごとぶっ倒す

・α7II
→ 背面のボタン全てが応答なし

SEL2470GM
→ フードが割れ、外装は小さな傷がついた

→ ズームリングが50mm近辺でひっかかるようになってしまった。
 (力ずくで押せば50mmより望遠側にはいくが、心配になるほどの力技が必要)


即日キタムラにて修理依頼(代理受付)。

翌25日金曜にSONYへ発送と思われる。

26日SONY着であろう。


11月28日 月曜

修理見積もりの電話が来た。

驚愕の30万であった。

内訳はα7II/2.3万、SEL2470GM/28万弱。

ボディはともかく、レンズはなんと新品以上の見積もりとなる

当然だけどα7II→修理SEL2470GMは返却という返答をする。


12月2日にやってきた

a7ii-shuuri-02.jpg

α7IIの修理内容は内部制御フレキ(RL-1048 MOUNT)交換とのこと。

明細にサービスとの記載があるが部品工賃で2.3万であった。

因みにこいつが逝ってしまわれた。

RL-1048MOUNT.jpg



なんと使える状態で戻ってきたSEL2470GM

a7ii-shuuri.jpg

流れ作業で作るより、1から組み立てるほうがコストかかるのは分かるけど

ガラスは割れてないんだ。だからガラス以外全ての部品を交換したとしても

工賃割り増しとしても、、新品以上の見積もりは解せない面はある。

文句は言わなかったけど。


ところが返って来たレンズを確認すると50mmの引っ掛かりがなくなっている。

あれ!?っと思い何度も確認しズームリングをグルグル回していると

引っ掛かる部分がテレ端側に移動している。

壊した段階では24-50のレンズになってしまったのが

SONYから返ってくると24-68のレンズになっている(上記と同じで力ずくで70mmまでは回る)

絞りも効くし、AFも問題ない(これは壊れたときも効いていた)


これは憶測になるが修理担当者の心遣いで

不具合部分を一番支障がないテレ端にくるよう調整し返却してくれたのではないかと思っている。

思っているというか実際50mmにあった引っ掛かりが68mm辺りに移動したのは事実。




馬鹿正直に修理したら結構な額になるし調整で24-68で使うことは出来るから

修理させない金額の見積もりを提示してとりあえずこれで使ってみてよ。 これで十分じゃないか?




...全部妄想だが一人勝手に心が温かくなった。

名も知らぬ私のカメラを修理してくれた方。

本当にありがとうと言いたい。あなたに修理してもらえてよかった。




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村


 



Tag List    

   sony          ILCE-7M2          SEL2470GM          修理    


 

#SEL2470GM 修理見積もり27万円也。。。泣きたいぜ


誰が悪いわけでもない

自業自得なんだけど、、、






a7ii-shuuri.jpg




はぁ。。。

直すなら新品買うけど、そうなると都合50万のレンズだよね。。。






 



Tag List    

   sony          ILCE-7M2          SEL2470GM          修理    


 

#SEL2470GM レビュー #結婚式レンズ


さてSEL2470GM買って半月ほど使いましたので私なりのレビューをしたいと思います。

固定アングルで絞っていく比較みたいのは大手メディアに任せます。


買ったよ記事でもチラッと書きましたが

http://hiderocket7.blog.fc2.com/blog-entry-641.html



こんなクソ高いレンズを発表と同時に予約したのは友人の結婚式に使いたいからでした。

24-70mm,F2.8 ...

このスペックでもう結構式に使えるに決まってるじゃないですか。




結論としては結婚式において最高のレンズだった

20160429-02.jpg

もうこれ一本でいいと思った結婚式は。詳細は後述。




【理由①】 ズームレンズでありながら極めて良好なボケと解像感を持ち合わせていること

20160429-01.jpg

単焦点クラスにボケるし、それでいてシャープ。

...シャープ観点で言うと開放はちょっと甘いかも。


SEL70200Gは開放から極めてシャープで一段、二段絞るとかなりソリッドな写りで大変お気に入りのレンズですが

そんなSEL70200Gと比べると甘いと感じます。

ふんわり撮りたいならいいですが、基本シャープな画が好みな私は

SS的問題がなければこのレンズで開放は使わないと思った。

誤解なくフォローすると、開放が使えないほど酷い訳ではありません。

あくまで解放はシャープな写りではないということ。

1段とかいうレベルではなくF4以上で使いたい感じです。私は。




【理由②】 画角

20160429-03.jpg

24-70mmは本当に使いやすい!

新郎新婦のツーショット。

及び、with親族。

テーブルフォトにいたるまで画角的煩わしさを感じることはなかったですね。



【理由③】 最短撮影距離

20160429-05.jpg

SEL70200G唯一の欠点と思っているのが最短撮影距離1mです。

1m未満はピント合いません。

SEL2470GMは38cmで、このショートケーキのような写真も撮れるのは

最高に使い勝手が良いです☆。

因みにトリミングしてませんよ。


そしてボケとシャープさも素晴らしいです。

SEL55F18Zで撮りましたって嘘ついても信じちゃう人いるんじゃないかな?

(だからといってSEL55F18Zと同等の写りとまでは言いませんが)




【理由④】 大きさと重さ

20160429-04.jpg

勿論軽いわけはなく、この描写でこの重さはどうなんだという観点で...



886gに長さ136mmあり、もはやレフ機と変わらない大きさ重さですが

私的には、この性能ならアリと思います。

式→披露宴→2次会とずっと持ってましたが、苦になる重さではなかったですね。


ここまででかく重いならもはやミラーレスである必要ないという意見もあるでしょうが

レンズの選択で、軽くコンパクトなシステムにもでき

画質優先のシステムにも出来る。



こういった自分の世界を広げてくれるのがミラーレスのメリットと感じますね。



総括

この金額をどうみるか。

これが全てと思います。モノはだいぶ良いですよ。


ただ、だとしても高すぎるって人もいるでしょう。

高くても良いものを待ってたって人もいるでしょう。

コスパでいったら最高ではないと思う。


だけど最高に使えるレンズだった。

これが正直な感想。私の。





にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ



 



Tag List    

   sony          ILCE-7M2          SEK2470GM          結婚式    


 
Profile

Hide-Rocket

Author:Hide-Rocket
Nobody can steal our life away ...

Search
New Arrival and..
Favorite
Camera
Activity
Collaboration Works
My Works
Archive

Categories...

openclose

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Comments...A
<>+-
SilverStone Official
FractalDesign Official
Favorite
広告
QR code
QR
Amazon Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。