【QSV】Intel Quick Sync Videoを試す【エンコ】


こんばんは。

今日は2週間ぶりの休みでした。

カレンダー見た時に

『あれ!? 随分休んでないとないと思ったけど2週間前に休んでるじゃん。おれ』

と思った・・

完全なる"社畜脳.exe"をインストールされているHide-Rocketです。

そろそろアンインストールします。



さて表題の件

今更でご存知の方も多いでしょうが

H67・Z68チップセットより搭載された

爆速エンコード、Quick Sync Videoですが(以下QSV)

※注※動作には対応のCPU・マザー・ソフトウェアが必要です。



常々導入したいなぁと思いつつも

画質に難あり・・みたいな書き込みも見受けられましたので

\4000ほどもするソフト買って試すのも躊躇われ・・

TSファイル溜めに溜めた結果が

↓こうなるわけですよ


Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆

Micro-ATXケースなTJ08B-Eに11TB搭載w

(3TBでRAID 1構築の為、有効8TB)


さて、そんなおりに先日作ったmini煙突


Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆


こちらのマザーはAsRockのZ68M-ITX/HTなんですが

AsRockのマザー・・・ついてくるんですよ( ´艸`)

体験版とはいえQSV対応のアレが

Cyberlink / MediaEspresso


これは使うしかないですわw


早速インストールしました。

起動してQSV効いてるか確認します。


Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆


問題ありません。


では早速エンコしてみます。

設定はこんな感じ・・こんな感じというか極力元の画質・サイズ維持を優先


Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆

形式   :H264
解像度  :1440x1080(オリジナル)
縦横比  :16:9
ビットレート :8.00Mbps
フレームレート:自動


ではエンコ開始


Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆


CPU使用率は極めて低く10%~15%


■3.39GBの地デジTSファイルを変換(29分もの)

・所要時間 約5分
・変換後 1.62GB のmp4


■17GBの地デジTSファイルを変換(2時間46分もの)

・所要時間 約26分
・変換後 9.44GB のmp4


この設定での

・所要時間 オリジナルの1/6
・変換後 オリジナルの1/2 

といった具合でした。

QSVの処理時間はCPU搭載のIntelグラフィックに左右されるはず

ワタシが使用したのはHD3000ですので

HD2000ではもう少しかかるでしょうし
IVY上位に搭載されているHD4000ではさらに高速でしょう。


ちなみに発熱具合

Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆



まったく問題ありません。


さて処理時間、およびシステムの負荷は大満足といったところ

肝心の画質ですが

キャプって見ました


■オリジナルの地デジ

Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆


■QSV変換後

Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆




・・


・・


ワタシのポンコツな目では違いがわかりませんw

若干濃淡が薄く・・? なってるかな・・?

ちなみにサッカーの試合ををQSVにて変換したところ観客席に若干違いが見られるかな・・?

元画像が荒いと・・(当たり前ですが)より荒さが目立つ感じ


いずれにしろ、その程度で全然ありな画質です。

あくまで個人的に。

ワタシの眼球がロースペックなだけかもですが。



いずれにしろ

個人的には最高に使える!QSV!



・・こうなると・・・・IVYが・・HD4000が欲しい。。

 



Tag List  


スポンサーサイト
 
Profile

Hide-Rocket

Author:Hide-Rocket
Nobody can steal our life away ...

Search
New Arrival and..
Favorite
Camera
Activity
Collaboration Works
My Works
Archive

Categories...

openclose

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Comments...A
<>+-
SilverStone Official
FractalDesign Official
Favorite
広告
QR code
QR
Amazon Search