スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 



Tag List  


 

Z87 STINGER CPUクーラーの話


ハイエンドなmini-ITXは背面も基盤だらけで
バックレートタイプのクーラーに困ることもしばしば。

stinger_cooler_01.jpg


Noctuaのバックプレート

stinger_cooler_02.jpg


右下のみ干渉

stinger_cooler_03.jpg


ゴムをカットすれば使用可能

stinger_cooler_10.jpg

ま、でもゴム挟んで直上にバックプレートなんで精神衛生上的には...



リテンションはジャストフィット

stinger_cooler_11.jpg




...APツールワゴンに入れるつもりだったけど

minitool_002.jpg


前から気になってたケースを買うことにした。
そのケースにはこのクーラー入らないのでSamuel17を使う。

基本的にいつもこんな感じであまり計画性はなく、組みながらパーツを変えていくのが自分流。


mini-ITXの鉄板クーラーSamuel17に変更

stinger_cooler_13.jpg

http://www.prolimatech.com/en/products/detail.asp?id=157

Samuel17はサイズが本当に秀逸。
あとバックプレートを使用しないので背面の干渉も気にせず済むのも◎





  ...Amazonリンク貼ったら、購入したの4年前でびっくり。今でも優秀な一品☆



 



Tag List    

   motherboad          EVGA          Z87          noctua          samuel17    


スポンサーサイト
 

Z87 STINGER/EVGA を買う 


アシストさんで久しぶりにお買いものしました☆
通販も対応してるのでよろしければ是非に。


データーアシスト白河店


大きな地図で見る



全部が全部でないであろうが、Z87のほうがZ97より造りが良い気がする

stinger_01.jpg


付属品こそ最低限だが梱包しかりI/Oカバーしかり高級感があります。

stinger_02.jpg



POWERスイッチもあれば大好きな
Sound Core 3Dがオンボ搭載なのも決めて。

stinger_03.jpg

ファンコネクタも多くって良いです♪



stinger_04.jpg stinger_05.jpg




Wi-Fiないのはライバルに大きなアドバンテージを与えている

stinger_06.jpg stinger_07.jpg

ケースフロント端子のコネクタはこの画像だと分かりませんが
通電するとライトアップされてめっちゃ気がきくと思いました。

小さいケースだとここ挿しずらいこと多いです。



そして...

Bluetoothは標準でWi-Fiはないから!
mPCI-e Slotつけておくから自分で増設してね。だけど競合製品と価格帯は同じね!

そんな男気溢れる製品です。
まぁ若干Disらせてもらいましたが、Sound Core3D搭載でトレードオフと思う。個人的に。


EVGAのBIOSアップデートの話

stinger_08.jpg

Z87にHaswell Refresh載せるのでBIOSアップするのにちょっと躓きました。
USBメモリでブートするには...なんて調べていたんですが

なかなか面倒くさい。

とりあえずBIOSをDLして中を覗く。


http://www.evga.com/support/download/



ん?バッチファイルがある。
ってことはwindows上からやる感じかな?

んで、案の定でした。
最新ファイルを書き込んだUSBメモリを挿す。その中にあるバッチファイル実行でBIOSアップできました♪

stinger_09.jpg

組み込み編へ続きます☆





 



Tag List    

   motherboad          EVGA          Z87    


 

【写真】 Maximus VI Formula 【レビュー】


さて購入から2か月たち、買ったときから\6000も値下がりしてる
Maximus VI Formula / Asus です。

組む気満々のとき買えよって話。

リビジョンはC2だった

M6F_01_201401261319354c6.jpg

写真撮ってませんが"C2"貼ってありました。2ヶ月前でC2なんでこのママンはみんなC2なのかな?
私はC1で安く買えるならC1でも別にいい人です。

記事にしてませんがZ87M OC FORMULAも購入しており
そちらはC1だったけど何一つ困ったことはない。


付属品は..まぁお約束の内容で

M6F_02_20140126131934401.jpg

"ゲームしてっから入ってくんなよ!"
この札って需要あんのかな?

ROGの立派なバックパネルは良いですね♪
そろそろSNIPERとOC FORMULAシリーズもパクっていただきたい。

M6F_05.jpg M6F_03.jpg


ROG Armor

見た目重視の私、当然このArmor目当てで買いました。
カッコ良すぎだから。

CPU電源部分は"CrossChill"なる空冷・水冷両対応の構造です。

M6F_07.jpg

プラ素材ですがデザインも良く安ぽくはないです。

M6F_08.jpg


裏はスチールで多少は放熱効果が期待できるかもしれません。

M6F_18.jpg

ただこの裏表のROG Armorってしっかりエアフローのあるケースに入れないと保温Armorになりそう。


豊富な背面I/O

M6F_09.jpg

1 x DisplayPort
1 x HDMI
1 x LAN (RJ45) port(s)
6 x USB 3.0 (blue)
4 x USB 2.0
1 x Optical S/PDIF out
6 x Audio jack(s)
1 x Clear CMOS button(s)
1 x ROG Connect On/ Off switch(es)

安いマザーだとUSBが足りなくなることもありますがさすがにこのクラスでは豊富。LANもintel。
DVIがないのが気になる人もいるかな?あれもうそろそろいいですよね。主観ですけど。

個人的にはDisplayPortもっと普及して欲しい。HDMIがロックできないのがなんとも..


mPCIe COMBO II

写真がちょっとArmorにかぶってますが背面I/Oの一番上にきます。
M6F_10.jpg

小型拡張カードで
・M.2SSD対応
・無線LAN(IEEE 802.11ac)対応
・Bluetooth対応

これは必要ないって人も多いかな?私はこうやって拡張カードで選択肢を与えてくれたほうが嬉しいですね。
必要ない人には下位グレードもあるわけだし。この価格帯は至れり尽くせりであって欲しい。

PC7台あると有線足りないというマイノリティな事情もあるんだけどねw
無線のアンテナはなんとも言えない形状だなおい(苦笑

M6F_04.jpg M6F_06.jpg



各所

オンボード電源スイッチはもうこのクラスにはお約束ですね。なくてもいいけど同作確認の時とか便利
メモリは片ラッチです。

M6F_11.jpg

24ピンとUSB3.0。
USB3.0のこのピンヘッダ形式考えた人に一言言いたい。あんたは1回も曲げたことないのか?と。

M6F_12.jpg

SATAは右6つがZ87。左4つがASMediaです。

M6F_13.jpg

SATA端子下のスイッチはFast Boot Switch。
再下段のPCI-exスロットの左下にあるピンヘッダはケースのAudio端子。
CPUの左下にある糞みたいな板もあるのでこれは嬉しい配置です。

M6F_14.jpg M6F_15.jpg



SupremeFX

主観ですけど拡張カードのサウンドカードは相性やら熱の問題で嫌いなのでオンボのサウンドは重要です。
肝心の音質は期待したほどではなかった。もちろん悪くはないけど。

M6F_16.jpg

Gigabyte / Sniper の Sound Core 3Dを100とすると
ASUS / M6F の SupremeFXは70~80。
AsRock / OC FORMULA の PuritySoundも70~80ってとこかな。

やっぱり音質で選ぶならSniperが頭一つ抜けてる。
ハードだけでなくSoftの面も大きいけど。Sniper付属のSoftは結構強力です。

最高に所有欲を満たしてくれるマザーボード

M6F_17.jpg

とりあえず目立つ欠点はないですね。今のところ。満足感高し。





組み込みとドライバーのインストールは終わっていて(しれっとSLIにしたんですがモタモタしてるうちに型落ちw)
あとは配線まとめてBF4インスコして完成なんですが...BF4は発売日に買って未開封という。

EVGA_SLI_Bridge_04.jpg

あ、タニアンさんのラインイルミも試してみたい今日この頃...


Hide



 



Tag List    

   ASUS          ROG              


 

【Sound Core 3D】GIGABYTE / G1.sniper M3【Creative】


はいこんばんは☆

5月に買ったものなんで普通に記事的スルー決め込む予定でしたが...

びっくりするくらい音が良かったので記事に残そうと思いました。


入ってるのはこのこです☆

SilverStone / SST-PS07 -MOD GALAXY-


Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆



GIGABYTE / G1.sniper M3



内容物


Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆



G1.killerシリーズのシール入ってます。

Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆


ASUS /ROGほどの実績はないですが

GIGAのGamingブランドとして確立されてきた感はありますね。

個人的には毎回同じステッカー・ポスターはやめて欲しい。

初回は嬉しいけどねw



取説、ドライバCD

Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆



バックプレート。Gamingマザーはバックプレートが立派なのが本当にいい。


Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆


SATAケーブルね。

Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆


緑のカラーリング


緑=GIGABYTEのゲーミングのイメージが定着してきたと思う。


Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆


ただ、他社のゲーミングマザーと比べて明らかに安っぽいのはなんとかしていただきたいところ。

12Vコネクタ



12V.......4ピンて...

Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆


まぁ動作に支障はないんだろうだけど

GT-Rがほっそいタイヤ履いてるみたいで萎えるよね。



Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆


とはいっても、自分的譲れないところは

12Vが4ピンコネクタ < 配色が緑

だったんだけどねww


Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆


ファンコネクタも要所要所に必要十分かと。



Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆


ASUSのQコネクタ・・各社パクっていただきたいところ

あれ便利なのよね。

Gigaは色付けでわかりやすくしてますね。



SLI,CF対応

Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆


USBピンヘッダも十分数あり。

SATA

Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆


SATA 6Gb/s が 2つ。

SATA 3Gb/s が 3つ。

これは最後まで決断を決めかねた部分。

ちょっと少ないよね。

SATAは最低で6個は欲しい個人的に。

まぁ結果的に組みあがったものは4つ使用で1個あまってるんだけどねw


バックパネル


Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆

  1. 1 x PS/2用キーボード/マウスポート
  2. 1 x D-Sub用ポート
  3. 1 x DVI-D用ポート
  4. 1 x HDMI用ポート
  5. 1 x DisplayPort
  6. 1 x eSATA 3Gb/s用コネクタ
  7. 2 x USB 3.0/2.0用ポート
  8. 4 x USB 2.0/1.1用ポート
  9. 1 x RJ-45用ポート
  10. 1 x 光デジタルS/PDI

ゲーミングマザーだとHDMIのみ。とか増えて来ましたね。

個人的に困る。モニターにHDMIないしw

まぁ変換沢山あるからいいんだけど。多いにこしたことはない。




さて個人的にここからが本題。

このマザーびっくりするほどに音が良かったんでこれ書いてます。


Creative Sound Core3D


Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆


オンボだし・・たいして期待もしてなかったんですが

思った以上に音いいです。

「THX TruStudio Pro」のeffectソフトも

過剰過ぎず、かつそれなりに弄れるので好感触でした。

『こんなにリバーブ(エコー的効果)かけられても使わないよ。』

そんなソフトもありますからね。


お勧め設定


Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆


・EQはフラット

ROCK系を聞くときもイコライザーでROCKにすると中音域(ギター)とか引っ込むので。


・Surroundオン

驚くほどに音が不自然なく、立体的にそして広がりが半端ない。


・Crystalizerオン

EQで弄らないぶんこれかけて、少しドンシャリにします。


Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆


これでRock系も歌ものも結構いけると思う。(主観ですよあくまで)。






そして次にびっくりした。。


フロント・オーディオ・ヘッドフォンアンプを内蔵


買う前に公式見てた時は読み飛ばしてた。あくまでオマケレベルと思ってた。

しかし余裕で裏切ってくれた。



ヘッドフォンは絶対にフロント(ケース)側に挿してください。

バックパネルでなく、ケースです。

わかりやすく言うと...

USB DACかまして、予想以上に音が良くなったと思われたかた。いますよね?

まさにその状態です。


音ってあるレベル超えるともはや一般人には違いがわからない世界になりますが

これは10人が10人、フロントのほうが全然音が良い。と断言するレベルです。


あくまで主観ですけど、予算が潤沢でない人が安くそれなりに良い音で楽しみたいなら

G1.Sniper M3買ってサウンドカード分の予算をヘッドホンに上乗せがいいと思うなぁ。



あ、こんなに褒めると、めっちゃハードル上がりそうですが

あくまでオンボであること。

\15000クラスのマザーであること。

この2点を考慮してもらえれば満足できると思います。個人的に。





   ♪Amazonで同じもの♪




Hide

 



Tag List  


 

【ヤヴァイ】 G1.Sniper2  【カコイイ!!】 


はいこんちは~


ちょこちょこIYH!してるんで

順ぐり書いていこうかと思います。


まぁなかには書かれず終わってしまう子もいそうですが。。




さて、ちょっと気になる・・・かっちょええマザーをご紹介。

ご紹介っていっても、昨日今日出た商品じゃないんで知ってる人も多いかと思いますが行きまーす。





GIGABYTE
G1.Sniper2



・・・ちなみに4gamerさんのレビューはこちら
Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆

これ、ヤヴァーイ
かっちょよさじゃありません??

Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆
しかも最近マイブームな
グリーンの配色がドストライクです☆


そして
意味なくヒートシンクが光ってたり

意味なく弾倉のデザインになってるところが

最高だったりするわけですよ。



spec表はこちら

Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆

Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆
HDMI端子がありますが・・

Z68チップなんで、CPUのみで映像出力ができます。

理想を言えばDVIも一本欲しいところ。



まぁ結局VGA挿すんで必要ないっちゃないんですが・・

トラぶったときなんかの検証や

原因の切り分け作業にはあったほうが個人的にはポイント高いです。




というか
Maximus IV Extreme Zには
映像出力がないのが
最後まで気になって

コイツを捕獲することを決意。
しかも緑色だし。

HD6950で
荒んだ心を癒してくれるのは・・
コイツしかいない。














あれ・・




もうバラシちったww


もうちょっと勿体ぶる予定だったんですがwまぁいいや。

買いました。買いました。




では細部を見ていきますか。


▼CPUソケット、及びその周囲


Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆


CPU周囲のヒートシンクはかなり背が高く

ハイエンド空冷クーラーは気をつけるようかもしれません・・・・

が、


HR-02は問題なかったので、だいたいいけるんじゃないかと思います。




メモリの赤がだせぇ・・・なおい。

あ、トサカだけ外すか。。





で、気にしてる人もいると思いますが・・ソケットはFoxconnでしたよ。

自分はLOTUSでもどっちでもいいです。


Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆







▼フロントUSB3.0のピンヘッダ



そして・・

IDEはさすがにもう切り捨てられました。

個人的には全然かまわない。



Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆


フロントUSB3.0のピンヘッダあるので、長く使えそうですね。

・・問題はワタシ自身が飽きないか・・・(ry





▼SATA




左の黒、②つ → SATA 2.0
中央白、②つ → SATA 3.0 (Z68チップ)
右の灰、②つ → SATA 3.0 (Marvell)

 
中央がZ68チップのSATA3.0なんで、

OSの入ったSSDとかはここがいいかもしれません。


で、最初一番気になったのは
このSATAの少なさですね。

6個しかない。

ライバルにあたるASUSのROGは確か8個
ASROCKのFATAL1TYは10個もあって、
かなり気になりました。









マニュアルDLしてよく見たら、
垂直方向にもう一個あったというww(写真右)




6個と7個の違いは個人的に大きいんですよ。
これも購入の決め手。


だってSSDのF40を4枚でRAID 0してて
ドライブで5個でしょ。
HDD挿したら・・・

Rampage III Formulaでは6個のSATA潰れてるんで。



▼スイッチ関係のピンヘッダ周囲


Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆


ASUSのQ-コネクタはやっぱり便利だったw

直挿し面倒だし、作業しずらいです。

遠慮なくパクッっていただきたいGIGABYTEさんw


となりの白い【OC_BUTTON】なるピンは
5インチベイに
USB3.0端子とともにOCボタンを用意できます。


※5インチベイユニット付属してます。


Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆








▼USBピンヘッダ

Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆

USBのピンヘッダは3つあるんで必要十分ではないかと思います。

そして

フロントオーディオのピンヘッダがここにあるのは凄くいいです。

ROGは毎度毎度なんでCPUのあたりにつけたがるんだろ。

どうみてもここがいいです。





▼PCIスロット

Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆

上から・・

PCI ex X1
PCI ex X16(X16動作 X8動作)
PCI ex X1
PCI
PCI ex X16(X8動作)
PCI  



となってますね。

配置は結構好きです。

あと、PCIのカードなんてPT2くらいしかもってないうえに

PT2専用機あるから必要ないのに・・


なぜかPCIあると嬉しいですw


ちなみにGen3対応なんで
次世代CPUとVGAに対応。



らしい・・


しかし本当に動くんですかね?
切り捨て大好きなintelさんなのにw

これは別にあってもなくても。。
個人的には。


▼サウンド

Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆

Creativeのチップですね。

☆ 公式引用 ☆

GIGABYTE G1.Killerは
X-Fi Xtreme Fidelity® and EAX® Advanced HD™ 5.0 テクノロジーをサポートする、
Creative社のSound Blasterデジタル・オーディオプロセッサ(20K2)をオンボード搭載した
世界で唯一のゲーミング・マザーボードです。
ゲーマーは現実世界と同様の音響をゲームの世界でも体験いただけます。


よくわからないけど凄いみたい。



※実際の感想ですが・・

Maximus III Formula と Rampage III Formulaの

X-Fiよりもいい音出てる気がします。





▼LAN


Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆



Bigfoot Killer E2100チップという、よくわりませんが

殺されそうなものが載ってます。



☆ 公式引用 ☆

Killer™ E2100 専用 DDR
専用の1GB DDR2メモリーを搭載した、

NPU(ネットワーク・プロセシング・ユニット)は

CPUのネットワーク関連の処理を軽減します。これによりCPUは

その他の重要な処理を行う事が出来ます。


 

ゲーム・ネットワーキング・DNA™
ビッグフット・ネットワーク独自のゲーム・ネットワーキング・DNA™ソフトウェアは、

Windowsネットワーク階層をバイパスして、ゲームデータを直接NPUで処理し、

究極のスピードを実現し、より迅速な移動、高速な射撃、そして勝利の獲得へと導きます。

 


ピング最大10倍速
ユーザーがMMOまたは一人称視点シューティング・ゲームのどちらをプレイしていても、

ビッグフット・ネットワークス Killer E2100ゲーム・ネットワーキング・プラットフォームは、

従来の標準的なネットーワーク・インターフェイスに比べ、

ピンの平均で最大10倍高速なネットワーキング性能 で、新しいレベルのパフォーマンスを提供します。



・・・Ping最大10倍は言い過ぎじゃないのかなw

BFBC2で極端なPing向上は見られませんでしたが・・

このマザーにしてからPingで蹴られてませんね。いまのところ。

以前はたまにPingでキックされてました。




▼コンデンサ

Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆


コンデンサも凄く立派でよろしいです。





▼付属品


Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆


マニュアルとドライバ&ユーティリティDisc



そしてなぜかCase Mod Clubの会員証・・・


弾痕シールがw




Hide-Rocket Blog ☆攻撃続行中☆


そしてまぁ、SATAケーブルとバックパネルは当然。





さてさて

Z68に移行して・・・

GTX460 SLIに戻して・・・



超絶に快適に
なりましたーーーーーー!!!








そして、Z68にした際に

例の EAH6950 DC II が正常に動かない問題。

これにケリをつけました。


Gulf環境で何らかの相性も考えられましたが・・

Z68で一度HD6950組んだところ

まったく同様の症状で


BFBC2やると落ちます。
PowerDirectorは使えません。


VGA以外全て別パーツなので
相性はありえないでしょう。

EAH6950そのものに問題があるか(初期不良含め)

もしくはドライバか。

はたまた、その両方。


というのが結論です。









でーはっ!また。


 



Tag List  


 
Profile

Hide-Rocket

Author:Hide-Rocket
Nobody can steal our life away ...

Search
New Arrival and..
Favorite
Camera
Activity
Collaboration Works
My Works
Archive

Categories...

openclose

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Comments...A
<>+-
SilverStone Official
FractalDesign Official
Favorite
広告
QR code
QR
Amazon Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。