FC2ブログ

#α6000 を再評価しつつある話 #水鏡写真


ストックです。今年の写真だけど。


α7IIメイン。α6000サブの2台体制で撮影しています。

ボディの満足感は圧倒的にα7II。

α6000はレンズ交換省略の為だったり、APS-Cのx1.5、エクステンダー的用途の出番が大半。

撮影中も 『やっぱりα7IIだな(フルサイズだな)』と思うことも多い。 


撮影中の手応えとは裏腹に結果の良いα6000

DSC04931-02

ところがね、、PCに取り込んでちゃんと見直すとα6000良いんですよね。

最たるものがこれね→https://flic.kr/p/LqSkp8

因みにα7IIはRAW現像ですがα6000はJPEGです。

RAWでなくてもいいかも、、HDD食うし。



現場では満足感低いんですよ。ファインダーが低解像度なのかな?

なんだろこの違和感。


今回の写真もサムネイルだけでなく等倍でも十分満足。

だけど打率は低いかな。


α7IIは3割30本。 山田哲人的。

α6000は打率は低いがホームランも出る、、、中田翔的。

どちらかというとフルフレーム信者なんですがα6500は魅力的ですね。。。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村




 



Tag List    

   sony          ILCE-6000          SEL70200G          水鏡    


 

コスモスとBS朝日「The Photographers」の話



BS朝日「The Photographers3」 見られましたでしょうか?

1,2に続いて最高に面白かったです。

カメラマンを主題に置いた番組で、絞りがどうとかSSがどうとかはなく

一人間をフューチャーした構成が堪らなく面白い。

どのカメラマンも人間として大変魅力的な方たちで

機材や知識や技術がどうとかよりも大切なものに気が付かせてくれました。

http://www.bs-asahi.co.jp/Photographers/


cosmos-2016-hanyu-03

少し知識をつけると、こういう時はこうだという型にハマってしまって良くないですね。

3分割構図とか、対角線とか。

F値もそう、ここは絞らないととかね。



もちろん知識や引き出しとしてはあるに越したことはないんだけど

それに囚われてしまっては本末転倒かと。


cosmos-2016-hanyu-04


基礎としての知識に、自分という個性の上物をいかに建てるかが大事だなーと思った。



個人的に印象的だったのはThe Photographers"2"の竹沢うるまさん。

"あえて"手振れさせて撮影してるのは衝撃的でした。

流し撮りは主題がガチピンなので分かりますが

構図の全てをブラすってのは凄いなと。





ってことで竹沢うるまさん風のブレ写真

cosmos-2016-hanyu-05

と、言いたいところですが

ナチュラルな手振れです(笑


気が付いたら赤ちゃん万歳してて、わー素敵っとカメラ構えました。








にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村






 



Tag List    

   sony          SEL70200G          花          ILCE-6000    


 

#彼岸花 と #東上線


もうお腹いっぱいですかね。彼岸花

個人的にも満足いく彼岸花撮れたんで、また来年でもいいんですが

ちょっと最近仕事に余裕出来たんで練習もかねて撮影に行きます。


広角、望遠、オーバー、アンダー、高速SS、スローSS、色々チャレンジしたいです。


思いもよらぬ収穫もあるから。




前ボケ彼岸花

20161002-higanbana-02

中井精也さんの鉄旅みてて

"手前の彼岸花を思い切ってぼかしてもよかった"

というコメントを思いだしながら撮影しました。


これだと手前の赤いの、これはいったい何だか分からないというのもありますが

撮影した時期と、赤い前ボケと電車の間に咲いてる様子で彼岸花

ヒントもあるかなとも思います。



フィルムっぽい作風も好きだったりします。














にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村






 



Tag List    

   sony          ILCE-6000          SEL70200G          花          彼岸花    


 

脚折雨乞 #祭り


//// 引用 ////
脚折雨乞は国選択無形民俗文化財
市指定無形文化財に指定される江戸時代から継承されてきた行事です。

脚折雨乞の特徴は、長さ36メートル、重さ3トンもある「龍蛇(りゅうだ)」を作って雨乞いを行うことです。
龍蛇は、白鬚神社前で麦わらと孟宗竹、荒縄によって作られます。
雨乞行事当日、出発前の入魂の儀により「龍神」となります。
この巨大な龍神を、300人の男たちが雷電池までの約2キロメートルを担いで練り歩きます。

雷電池に到着すると、龍神を池に入れて
「雨降れたんじゃく、ここに懸かれ黒雲」と必死に叫び雨乞を行います。
雨乞行事は、池の中でクライマックスに達します。最後の龍神の解体時
頭部に付けられた金色の宝珠を、若者が我先にと競って奪い合う様は
非常に豪快で見る者も圧倒されます。

http://www.city.tsurugashima.lg.jp/page/page000489.html



DSC04661

想像以上の迫力に圧倒されました。


DSC04648

ただ個人的な話ですが

動きを止めるだけの写真も面白くないなーと思う今日この頃。



20160807-002

 

スローシャッターにハマる



20160807-004



20160807-003


20160807-005


手振れ、被写体ブレと紙一重だけど。

この現場にいない一人にでも伝わるといいな。











にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村


< 



Tag List    

   sony          SEL70200G          SEL2470GM          ILCE-7M2          ILCE-6000          祭り    


 

2016年ホタル撮影総括


先々週は戸隠高原にヒメボタル撮影に行きましたが

コチラも秩父、御殿場同様ピークは例年より早かったもようで

往復500km(寄り道あり)の撮影トリップにもかかわらずwebアップに

耐えうる写真は残せませんでした。


戸隠のNPOホタル鑑賞会はカメラマン的需要はだいぶ外れます。

せっかく行ったんだから500円くらい、、、

ならもう少し早く現着して現場往復で十分ですよ。



まーでも、良い経験にはなりました。

来年の戸隠ヒメボタルは確実にしとめます。

現着後本殿直行です。




妄想ヒメボタル

20160703-himebotaru-a6000-00

御殿場の二岡神社で背景前撮り後4時間待ちを経たヒメボタルです!

って言いたかったんですが惨敗、ピークは過ぎていました。

二岡神社背景に秩父ヒメボタル重ねた妄想フォトです。




ホタル撮りには明るいレンズが欲しい

今年ホタル撮影に大ハマリして分かった事がひとつ。

ヒメボタル撮りは明るいレンズが欲しい。ということ。

ゲンジボタルならロケーション次第でF4でもいける。

しかしヒメボタルは活動が夜遅いし何よりも綺麗な丸ボケを残すには

F1.4,F1.8のレンズが欲しいです。



smc PENTAX-DA★ 55mmF1.4 SDM

今年のヒメボタル撮影でF1.4のDA★55mは本当に大活躍でした。

フルサイズ画角でもけられませんが本来APS-Cのレンズなので周辺が怪しいケースもあります。

ホタル撮影でも実感した1枚を

20160703-himebotaru-tikurin

写真左下、APS-Cの領域を超えたあたりからホタルの丸ボケが欠けてしまっています。

背景は問題ないんですけどね。。

ま、APS-Cレンズなので文句は言えません。

APS-Cならきちんと写りますし。

20160630-gotenba-a6000



と、いうことで来年のホタルシーズンまでに明るい単焦点が欲しいですね。

王道でいけばSEL55F18Zなんですが、同じ焦点距離買うのもなー。


VoightLander NOKTON classic 35mm F1.4 MC



ホタルは結局マニュアルAFなんでここら辺が気になってます。


...でも中望遠のほうがいいかな。。。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村





 



Tag List    

   PENTAX          sony          ILCE-7M2          DA★55mm          SEL1635Z          ILCE-6000          ホタル    


 
Profile

Hide-Rocket

Author:Hide-Rocket
Nobody can steal our life away ...

Search
New Arrival and..
Favorite
Camera
Activity
Collaboration Works
My Works
Archive

Categories...

openclose

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Comments...A
<>+-
SilverStone Official
FractalDesign Official
Favorite
広告
QR code
QR
Amazon Search