飛翔開始 - 2018第3夜 -


2018年5月14日~20日の記録



秩父のメインと呼ばれる地はまだまだの状況で

このポピーとヒメボタルも1頭のみ。

その他も巡回してもサッパリ。



飛んでるところは飛んでいた

Wild dance at the beginning of 2018 [20180519]

ここもまだ早いだろうと期待せず巡回してみたらピカピカ光っていてびっくり。

深夜1:30着でプチ乱舞。その後2:30頃まで楽しんで帰宅。


今年は現像にも拘りたい

2018519-2000

これはかなりハイコントラストで現像してみました。

昨年のベストショットの鳥居とヒメボタルを再現像したら意外と良くなったので

現像も色々と手探りでやってみたいですね。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村




 



Tag List    

   ヒメボタル          秩父    


スポンサーサイト
 

【第2夜】 秩父ヒメボタル・シーズンイン


こんばんは。

いよいよ秩父ヒメボタルが光始めました。


暑い春だったのでピークも早いか...

StarStaX_DSC05610-StarStaX_DSC05597-DSC05636_average_lighten

昨年は5月11日にゼロで20日に4頭でしたのでスタートは早そうですね。

ロケハンでピックアップした生息地候補の巡回もしなくてはならないので

忙しくなります。


寝れない日々がやってきた

20180514-chichibu-unkai

生息地の巡回や生息地候補の巡回でも忙しいのに

5月14日未明はどうも雲海がでそうな気配に...

会社終わりでヒメ巡回して14日1時頃帰ろうかと思ったんですが

こりゃ雲海出るなという気配に山に向かいました。

すぐに厚い雲に覆われてしまったのでギリギリで撮影できました。


2日間で会社→ヒメ巡回→雲海→会社→ヒメ巡回となり死にそう(笑

この間布団で寝てません。昨日昼に昼寝して

ヒメ巡回前に2時間くらい車で仮眠とって乗り切りました。



変化する自然環境

20160610-himebotaru-tikurin

この写真は2016年撮影したもので2017年に同じ構図で光の洪水にしたかったんですが

工事で全て伐採されてこの構図は撮れなくなってしまいました。

同様に昨年個人的にメインで撮影していた場所(通称メインの地ではなく)が

相当に伐採されていて、大半の構図が街灯の影響を受けるようになってしまいました。

昨日試し撮りしてきましたが真っ赤な写真になってしまいますね。

そこのヒメボタルの生息も気になりますが奥に暗い竹林がまだあるので

そちらに移動してくれれば大丈夫かなぁとは思いますが経過観察していきます。




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村





 



Tag List    

   秩父          ヒメボタル          蛍          雲海          100mm          SEL70200G    


 

2017年 秩父夜祭とロケハンの話


2017年の秩父夜祭ですが去年一昨年と撮影して

誰もいないところで撮影したいという想いが強くなり

10月からロケハンを行っておりました。

ロケハンは昼に行うべし

以前は...ヒメボタルシーズンの話ですが

夜に撮影するのに昼間ロケハンするのも二度手間だなと思って

ヒメボタル撮影した後にロケハンしてたこともあったんですが

撮影は夜でも昼間ロケハンしたほうが圧倒的に効率がいいことが分かりました。

夜だと気がつかない場所も気がつくし

夜だとまず入っていかない場所も何一つ気にすることなく入っていけるし。

(入っていい場所なのは当然として)


ざっくばらんに言って、夜のロケハンで1箇所撮影地みつけられたとしたら

昼なら3箇所くらい見つけられる感じ。 

勿論実際撮影地として成立するかは別ですが。


ここも昼間見つけたスポット。12/2撮影

DSC00524_1

といっても当たりをつけてた訳ではなく

Googleマップ見ながらロケハンしていてたまたま目に付いたんですが

これも昼間だからこそ。

ただここはちょっと距離があるので手持ちの70-200で足りるか心配だったけど                                        
結果バッチリであった。

となると、メインの12/3も撮影したい。 しかし仕事だ。

でもどうしても撮影したかったので仕事終わりで向かう。

車を停め、 ドカンドカン花火が上がる音を聞きながら撮影地に向かう。



三菱マテリアルと花火のコラボを独り占め

DSC00596


ギリギリ撮影出来ました♪

武甲山は誰かいるのは確実と思っていたので

結果こちらにして正解。2日も3日も独り占めでした。



ここからの秩父雲海も撮影も早く撮影したです☆




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村






 



Tag List    

   sony          ILCE-7RM3          秩父          花火    


 

秩父の紅葉 -2017-


2017年11月18日撮影

Camera /α7II [ILCE-7M2]
Lens / SEL2470GM [FE 24-70mm F2.8 GM]

DSC09519


切り取り方を意識して

現在秩父は雲海ハイシーズンに入り

ヒメボタル以来の秩父通いを再開してます。

雲海はメジャーな撮影場所はメミューズパークと美の山といったところでしょうか。

撮影者が増え、私自身も何度も撮影してどうしても似た写真の量産になってしまいます。



DSC09500


そんななかでもセンスのある方は、上手に切り取りますよね。

私ももっと構図のセンスをつけたいものです。




DSC09518


ということで切り取りを意識して撮影してまいりました。



DSC09505_1


...構図の練習と平行して雲海撮影地のロケハン

雲海の撮れる場所はやはりなかなか限られますねー。

だいたいにして木が邪魔なんですよ(笑




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村


   



Tag List    

   sony          ILCE-7M2          SEL2470GM          秩父    


 

【武甲山】 秩父雲海の全てを見下ろした夜 【推奨レンズ】


台風一過の2017/10/25。覚悟を決めてナイトハイクした

DSC07920

正直に言う。 武甲山ナイトハイクは怖かったー。

実は半年前に一度挑戦したんですがあまりの怖さに引き返しました(汗

しかしこの日は台風一過で翌日晴天20℃予報で、雲海出るのは100%確定。

登って雲海出ないという最悪のケースを考えたら

今日登らなくていつ登る状況に腹をくくる。

鹿には6頭こんにちはしたけど幸い熊には遭遇せず。。


DSC08040_1

武甲山山頂1300mからの景色は想像以上で高崎・太田方面の夜景も望める超絶景。

昼夜問わず秩父問わず、今まで見た景色で一番の絶景は確定。


推奨レンズは24mm~200mm

登山にレンズは厳選したい。そこで推奨レンズを。



星撮りなら24mmで十分

20171026-chichibu-003-6000


切り取りなら200mm必須 (↓これは170mmくらい)

DSC01831-002

武甲山から太平洋セメント抜くなら400mm,600mm欲しいですね。

換算130mmでこんな感じ。

DSC01802


武甲山からの三菱マテリアルはこれ以上ないベスポジ(70-200使用)

Cloud Factory -20171026-


換算300mmで武甲山からの三菱マテリアル

DSC01111



換算420mmで武甲山からの羊山公園,芝桜

DSC01107c


俯瞰なら24-70で間違いない。↓68m

DSC05638

1300mからの眺めは空撮のような迫力があって最高の場所。

機材担いで2時間半のハイクはなかなか骨が折れますが

その先には最高絶景が待っています☆





秩父のシンボルの山、武甲山

DSC05724





にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村







 



Tag List    

   sony          ILCE-7M2          SEL2470GM          秩父          SEL70200G          ILCE-6500          夜景          α6500          α7II          雲海    


 
Profile

Hide-Rocket

Author:Hide-Rocket
Nobody can steal our life away ...

Search
New Arrival and..
Favorite
Camera
Activity
Collaboration Works
My Works
Archive

Categories...

openclose

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Comments...A
<>+-
SilverStone Official
FractalDesign Official
Favorite
広告
QR code
QR
Amazon Search