ゲンジとヘイケと紫陽花と -第23夜-


2017年7月2日撮影

Location / 横瀬
Camera / α7II [ILCE-7M2]
Lens / D FA MACRO 100mmF2.8 WR


ゲンジヘイケ紫陽花が纏めて撮影できる。

そんな夢のようなロケーションを

昨年ムラチさんのBlogで知りました。

https://ameblo.jp/photo-tanoshimi/


今年は絶対行こうと思って

先週行った時には紫陽花には早く

7月2日、紫陽花は見頃を迎えてました。



20170702-Genji-and-Heike


でもホタルは思ったとおりには飛ばないですねぇ

構図奥にはゲンジがウロウロ

右側にはヘイケが相当飛んでおりました。

私のご希望先には2,3頭といったところ(苦笑



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村








 



Tag List    

   sony          秩父          花          100mm          α7II          紫陽花          ヘイケ          ゲンジ          横瀬    


スポンサーサイト
 

ホタルトレイン -第13夜-


2017年6月17日撮影


Location / 栃木県
Camera / α6500
Lens / SEL70200G


どこかの撮影地でとあるおっちゃんから

"風景写真は人工物は入れないのがコツだよ" と言われた。

おっちゃんの価値観を否定するつもりはないし

確かにそれも一理あると思う。

だけど風景写真にあえて人工物を入れたほうが

現代の自然という感じがして好きだなーと思うんだ。 主観だけど。


工場を切り取った雲海とか

雲海から顔出したハープ橋とか大好きです。


ホタルも鳥居とかお地蔵さんとか人工物入れた写真のほうが

アクセントついて好きです。私は。


そんなおりタイムラインでホタル電車の写真を目撃。

これはカッコイイし、何より好み☆


時期を逃したら来年に持ち越しなので

急きょ思いつきでプチ・ゲンジボタル遠征行ってきました。


合成がちょっとだけ難易度あがります

20170617-hotaru-TRAIN

これは通常のホタル撮影同様比較明合成することになりますが

電車を止めるSSだと暗闇に電車のシルエットになります。

そこに比較明合成すると電車の窓の明かりだけ残って車体には背景が重ねられてしまうんですよね。

ですのでそこの部分の手間がちょっと面倒でした。


ヒメ活で鍛えられた嗅覚

タイムラインで見たはいいものの場所がわかりません

栃木県なのはわかったけど、たま―に仕事で行くくらいで土地勘はないし

撮り鉄でもないので車両から特定することもできず...

でもヒメ活で鍛えた嗅覚を生かしあたりをつけた場所に向かう。

そこから現地で探せばいいいやと思ったんですが

あたりをつけたとこがビンゴでした☆




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村




 



Tag List    

   sony          SEL70200G          α6500          ホタル          トレイン          電車          ゲンジ    


 

三芳町のゲンジボタル。 蛍にライトをあてないで


2017年6月3日撮影

Location / 三芳
Camera / α6500 [ILCE-6500] / α7II [ILCE-7M2]
Lens / D FA MACRO 100mmF2.8 WR / SEL2470GM [FE 24-70mm F2.8 GM]


ヒメ活の合間にゲンジです。

ここは毎年通ってる定番スポットなんですが

行くたびに残念な気持ちになり、おかわりしないスポットでもあります。


マナーレベルは低い鑑賞地

StarStaX_DSC08617-base-DSC09178-TTTT_lighten

ここは本当にスマホのフラッシュ攻撃が酷いです。

撮影目的のカメラマンはある程度予習してくるので蛍にライトを直接当てる方は経験上少ないです。

しかしここは非カメラマン、、、一般の子連れの方の観賞目的が大半です。

しかも子供じゃなく、連れ立ってる大人が次々にフラッシュ攻撃しては


スマホじゃ全然写んないんだけど。


そう捨て台詞を残し帰っていきます。

UPした写真は2枚ともヒメボタルのような点光源がありますが

これはフラッシュ攻撃によって飛ぶのを躊躇ってる個体でもあります。




ホタルに光を当てると、ホタルは沈黙します

StarStaX_DSC05263-DSC05474_lighten

また、毎年通っていて初めて管理してるスタッフから言われました。


『カメラマンはどいてもらうから』 と


え!?撮影禁止になったんですかと尋ねると、そうではない

じゃ、時間で区切られるのですか?ですかと。 それも違う。

人がある程度溢れたら、より多くの人に見てもらいたいから

長時間見てる人はどいてもらうとのこと。


会話して、それはそうだと納得し

どくべきタイミングが来たら声をかけてください。すぐ撤収しますと伝えた。


しかし、疑問も抱く。 なぜ"カメラマン"で区切るのか?

写真撮ってない人で長時間居座る人もいるし

そもそもこの場所はホタルの為のものなのか?

人の為のものなのか?


この場所に限って言うと、ホタルに迷惑行為を働いてるのは

カメラマンではなく、観賞目的で来た子連れの、それも大人だ。

俺はマナーを守ってるんだから写真を好きなだけ撮らせろと言いたんじゃなく


ホタルの為に、何をしたらいいんだろう。

その観点で行動して欲しいし、したいと思うんだ。


運営のスタッフはおそらくボランティアだろう。

そこには頭が下がるが、ホタルの事を考えたら、カメラマンの排除ではなく

スマホのルール遵守の呼びかけだと思うんだ。

入れ替わり、立ち替わり浴びせられるフラッシュ。

その度に、ホタルは縮こまる。


より多くの人に見てもらいたいなら、その前に

より多くの人に見てもらいたい、そのホタルに対して考えようよ。


なんともいえない気持ちになった夜。

ホタルは奇麗だった。 ホタルに罪はない。




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村








 



Tag List    

   sony          ILCE-7M2          100mm          α6500          三芳          ゲンジ    


 
Profile

Hide-Rocket

Author:Hide-Rocket
Nobody can steal our life away ...

Search
New Arrival and..
Favorite
Camera
Activity
Collaboration Works
My Works
Archive

Categories...

openclose

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Comments...A
<>+-
SilverStone Official
FractalDesign Official
Favorite
広告
QR code
QR
Amazon Search